著作権フリーの音楽サイトEvoke Musicは無料でも十分使える!

動画クオリティアップ

動画配信で無音だと寂しいです。BGMを流したいなぁ〜

そんな思いからBGMを取り入れてみたものの、著作権で引っかかった経験はないでしょうか?

 

私は昔からDJをしています。

StreamYardを利用してDJのライブ配信をしていると、FacebookやYoutubeで配信がストップしてしまうことが何度かありました。
(毎回ではないのが微妙なところ。。。)

基本的に世に出された音楽には著作権が発生するため、配信時には通常の音楽を使用しないことをお勧めします。

 

でも、どうしてもBGMをうっすら流して、動画のクオリティーをあげたい!

そんな思いをしっかり受け止めてくれる音源サイトがあります。

それが、Evoke Musicです!

 

本記事では、無料で著作権フリーの音楽を使いたい方向けに、詳しくご紹介していきましょう。

Evoke Musicとは?

Evoke Musicとは、人工知能によるソングライティングアシスタント「Amadeus Code」を開発した会社が提供を開始したサービスです。

アマデウス・コードのソングライティング・アルゴリズムを使用して、従来のコンテンツ取得チャネルを介さずに、独自の音楽コンテンツを提供しています。

つまり、AIによって制作された音楽のため、著作権などは全く気にせずに利用できるサービスなのです。

β版だからか、UIはいたってシンプル

 

Evoke Musicの特徴

そんなEvoke Musicはいくつか特徴があります。

  • 料金体系はサブスクリプション型。無料でも十分に使える。
  • 曲の検索はキーワード
  • 様々なソーシャルメディアプラットフォームで利用可能

 

Evoke Musicの料金体系、無料でも使える??

Evoke Musicのプランは、3種類あります。

無料のクリエイタープランでは、

  • 1日3回までのダウンロード制限
  • フルミックスのみ(曲を構成する様々な楽器ごとのダウンロードは不可)
  • 収益発生時の10%はEvoke Musicへ

といった、制限はつくものの、1日3曲ダウンロード可能であればまずは使ってみてから、有料プランに変更するのでもいいのでは、と思います。

 

曲の検索がキーワード検索

従来の音楽配信サービスは曲のジャンルやアーティスト名で検索してましたね。

しかし、Evoke Musicでは作りたい動画にあったキーワードで曲を検索します。

 

画像サイトで欲しい画像を検索する時はキーワードで検索しますが、Evoke Musicでは画像検索に近い印象を受けます。

 

試しに「和」というキーワードで検索してみると、21曲がヒットしました。

例えばこんな音楽です。

 

様々なソーシャルメディアで利用が可能

Evoke Musicは、YouTube、Facebook、Instagram、TikTok、Twitchを含むすべてのソーシャルメディアプラットフォームで完全に動作が確認されています。

 

Evoke MusicをBGMに配信動画のクオリティーをあげよう!

以上、著作権フリーの音源サイトEvoke Musicのご紹介でした。

 

BGMとして活用し、動画制作のクオリティーをあげてみましょう!

 

Evoke Musicを使ってみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました