StreamYardの料金プラン|無料版と有料版の違いとは?

始め方

StreamYardは2018年に発売された、ブラウザ経由で動作するライブストリーミングツールです。

ブラウザ上で動作するウェブアプリのため、動作が軽いことが特徴です。

また、Facebook Live、YouTube Live、Periscope、LinkedIn Liveを含む主要なプラットフォームでストリーミング配信、かつマルチキャスト(同時配信)することができます。

ゲストは最大5人まで招待することができ、ライブ配信中のコメントを画面上に表示することができます。

高性能のコンピューターを使用することなく、同時に複数のプラットフォームに配信することができるのがStreamYardです。

 

では、StreamYardの料金プランとはどのような設定になっているのでしょうか?

StreamYardの料金設定は?

StreamYardには、以下3つのプランがあります。

  • フリープラン(無料)
  • ベーシックプラン(有料)
  • プロフェッショナルプラン(有料)

フリープラン(無料)

無料のプランでも以下のライブ配信で充実な機能を利用できます。

  • 最大5人までのリモートゲスト
  • 画面共有
  • グリーンスクリーン機能
  • ビデオ共有
  • 画面上のコメントやバナー

ただし、ライブストリームの右上にStreamYardのロゴが表示されます。

 

ロゴ表示をなくしたい方や複数のプラットフォームへの同時配信をしたい方は以下の有料プランをおすすめします。

ベーシックプラン(有料)

ベーシック・プランは月25ドル(年払いの場合は月20ドル相当)です。

StreamYard のロゴマークがなくなる他に、以下の特徴があります。

  • 無制限のストリーミング
  • 独自のブランディングの追加
  • 最大4時間の録画
  • 最大2カ所への同時配信

プロフェッショナルプラン(有料)

プロフェッショナルプランは月49ドル(または年払いの場合は月39ドル相当)で、ベーシックプランに加えて、以下特典がつきます。

  • 毎月8時間の録画
  • 最大5つの配信先への同時配信

 

StreamYardは有料版にするべきか?

StreamYardは有料版にするべきかどうか、聞かれることがあります。

もし迷った場合は、無料版から利用してみましょう!

無料版でも十分な機能がある

気軽にライブ配信をしてみたい。

そんな方には無料版でStreamYardを試してみることをオススメします。

5人までのゲストを呼び込める機能やスクリーン共有(ホストとゲスト用)が利用できるだけでなく、グリーンスクリーンなどのカスタマイズも可能です。

また、無料版でもライブ配信の動画を録画できます。

 

より本格的にライブ配信したい方は有料版を!

有料版には同時配信(マルチキャスト)機能が内蔵されているので、複数のライブプラットフォームに同時に放送することができます。

マルチキャストはすべてクラウド上で行われるため、ハイスペックのPCを必要としません。

また、複数のストリーミング先のすべてのコメントを表示させることができます。

StreamYardの欠点は?

気軽に配信したい方、様々な機能を使って配信したい方、どちらにもおすすめしたいStreamYardですが、一つの欠点があります。

それはStreamYardの「ライブストリーミングを簡単にする」というコンセプトによるものです。

つまり、説明してきたようなこと以上のカスタマイズ性がない、ということです。

提供されている様々な画面レイアウトの種類には制限があります。

また、画質にしても1080pや4Kでのストリーミングはまだできません。

そういった、欠点があるのは否めません。

しかし、操作性が非常に簡単なため、PCに不慣れな方にも扱いやすいとも言えます。

3つのプランから自分に合ったプランを試してみよう!

以上、StreamYardの料金プランのご紹介でした。

 

無料版でも、簡単操作で十分なライブ配信を楽しめるのが、StreamYardです。

また、今までライブ配信をしてきた方が、よりリッチな配信をしたいのであれば、有料のベーシックプランを利用してみましょう。

 

StreamYardを登録してみる

 

 

 

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました